【遊戯王】代償ガジェデッキのレシピ【2005年3月制限】

2005年3月制限

遊戯王OCGの2005年3月制限で活躍した代償ガジェ(代償ガジェット)デッキのデッキレシピです。当時の環境立ち位置やデッキの回し方の他、採用候補カードや当時流行したサイドデッキについても紹介しているので、2005年3月制限の代償ガジェを構築する際の参考にしてください。

目次

代償ガジェ(2005年3月制限)の概要

代償ガジェの環境での立ち位置

2005年3月制限のガジェット系デッキは【除去ガジェ】や【フラガジェ】が大半を占めており、代償ガジェのシェア率は低いものでした。

ガジェットを持ちながら《血の代償》を通すことができれば5体のモンスターを並べられる点が他のガジェットにはない魅力ですが、ガジェットを並べるだけでは攻守1400以上のモンスターに対応できず、除去が必要となるためこの時期の評価は低かったようです。

当時からもガジェットと《血の代償》の相性は良いとされていましたが、エクシーズの登場でその価値は一気に昇りエクシーズのない過去環境デッキを組む際にも採用圏内となっています。

代償ガジェのデッキレシピ

代償ガジェのサンプルデッキレシピ

メインデッキ

モンスター 枚数
サイバー・ドラゴン 3
魔導戦士 ブレイカー 1
同族感染ウィルス 1
ハイドロゲドン 3
グリーン・ガジェット 3
レッド・ガジェット 3
イエロー・ガジェット 3
魔法 枚数
強欲な壺 1
天使の施し 1
いたずら好きな双子悪魔 1
大嵐 1
ライトニング・ボルテックス 1
地砕き 3
サイクロン 1
リミッター解除 3
強奪 1
枚数
聖なるバリア -ミラーフォース- 1
激流葬 1
破壊輪 1
万能地雷グレイモヤ 1
炸裂装甲 3
サンダー・ブレイク 1
砂塵の大竜巻 3
血の代償 3
融合 枚数
サウザンド・アイズ・サクリファイス 1
ナイトメアを駆る死霊 1
ドラゴンに乗るワイバーン 1
魔人 ダーク・バルター 1
デス・デーモン・ドラゴン 1
ドラゴン・ウォリアー 1
闇魔界の竜騎士 ダークソード 1
サイバー・ブレイダー 1
異星の最終戦士 1
竜魔人 キングドラグーン 1
ガトリング・ドラゴン 1
サイバー・ツイン・ドラゴン 1
メテオ・ブラック・ドラゴン 1
サイバー・エンド・ドラゴン 1
青眼の究極竜 1

※融合デッキは主に使用する15枚を選定して掲載しています

サイドデッキ

モンスター 枚数
氷帝メビウス 1
賢者ケイローン 1
クリッター 1
サイバーポッド 1
デビル・フランケン 3
魔法 枚数
抹殺の使徒 2
ハリケーン 3
非常食 2
枚数
死のデッキ破壊ウイルス 1

代償ガジェの採用候補カード

モンスター
異次元の女戦士
ならず者傭兵部隊
魔法
シールドクラッシュ
光の護封剣
収縮
早すぎた埋葬
団結の力
奈落の落とし穴
停戦協定
王宮の弾圧



代償ガジェの立ち回り

除去+ガジェットで構える

代償ガジェは除去ガジェと同様で除去+ガジェットでアドバンテージを稼ぐ動きが基本となります。

除去ガジェと比較をすると《血の代償》の枚数分除去が少ないため、《聖なるバリア -ミラーフォース-》や《激流葬》の直撃をケアしたり、守備力の高い《レッド・ガジェット》を守備表示にして耐久するなど、小技が必要になるケースが多いデッキタイプでしょう。

血の代償を引いたら絶対に通す

血の代償》を引くことができたら最優先で通すことを意識しましょう。

時には《サイクロン》や《魔導戦士 ブレイカー》のようなバック単体バック破壊カードをケアするために《大嵐》を無視して伏せられるカード全てを置くことも必要となります。

メインデッキに採用している《砂塵の大竜巻》のセット効果を活用すれば相手ターンのエンドフェイズなどに安全に《血の代償》をセットすることも可能です。

代償ガジェの理想的な勝ち方

削り合いから血の代償を目指す

血の代償》からガジェットモンスターを並べることに成功してもこれだけでは8000ライフポイントを奪うことができません。

序盤に除去やその他サポートモンスターを使ってある程度のライフポイントを削った後に《血の代償》で勝負を決めましょう。

リミッター解除でワンターンキルも狙える

血の代償》の流れに《リミッター解除》が加わることで不意なワンキルを狙うことも可能です。

リミッター解除》は同じ機械族の《サイバー・ドラゴン》やサイドデッキに採用している《デビル・フランケン》とも好相性です。

2本目以降はデビルフランケンで決める

代償ガジェの主なメタカードは《砂塵の大竜巻》や《王宮のお触れ》のようなバックメタカードになる傾向があります。これを利用してサイドチェンジ後には《デビル・フランケン》から《サイバー・ツイン・ドラゴン》や《サイバー・エンド・ドラゴン》を特殊召喚して《リミッター解除》を併せて勝利を目指しましょう。

デビル・フランケン》と《血の代償》は相性が良くないので、基本的には併用はおすすめできません。

ライフポイントの消費が激しいデッキタイプとなるので、EXデュエルはできるだけ避ける必要があります。使用する際には早いプレイングを心がけてゲームを進めていきましょう。

代償ガジェの対策・有効カード

代償ガジェの対策

サイクロン・砂塵は早撃ちしない

代償ガジェとの対戦では《血の代償》の阻止が第一優先となるので、《サイクロン》や《砂塵の大竜巻》のようなバック破壊カードは温存しながら戦うと良いでしょう。

代償ガジェへの有効カード

氷帝メビウス

召喚に対する除去カードが少なく《神の宣告》のようなカウンター罠も採用されていない代償ガジェにとって《氷帝メビウス》は天敵となります。

召喚後も攻撃力2400は突破が難しい数値で除去を当てなくてはならない点も有効です。

伝説の柔術家

伝説の柔術家》はガジェットや《ハイドロゲドン》などの下級モンスターに有効で、相手のデッキトップを固定できるモンスターです。

守備力も高く盤面に残ることが多いので《氷帝メビウス》など上級モンスターへもつながりやすい点が魅力です。

この記事の管理人
わいるどまん

2005年~2012年頃までの遊戯王カードが特に好きでデッキレシピなどを未来に残したいと思いサイトを立ち上げました。
過去の遊戯王に興味を持ってもらえるように、懐かしんでもらえるようにをモットーに発信していきます。

オフラインイベント「リアルアラサー杯」を定期開催しているので、興味のある方は大会結果をご覧ください。
X(旧Twitter)でも当時の質問などお受け致します。

#{ああああああ}をフォローする
2005年3月制限
遊戯王歴史保管庫

コメント

タイトルとURLをコピーしました