【遊戯王】デビフラワンキルデッキのレシピ【2005年3月制限】

2005年3月制限

遊戯王OCGの2005年3月制限で活躍したデビフラワンキルデッキのデッキレシピです。当時の環境立ち位置やデッキの回し方の他、採用候補カードや当時流行したサイドデッキについても紹介しているので、2005年3月制限のデビフラワンキルを構築する際の参考にしてください。

目次

デビフラワンキル(2005年3月制限)の概要

デビフラワンキルの環境での立ち位置

デビフラワンキルは当時の2005年3月制限では、ほとんど見られず独自で開催しているイベント「リアルアラサー杯2005年3月制限」で流行した後発デッキとなります。

ガジェット」デッキに《デビル・フランケン》が採用されることは多くありましたが《キャノン・ソルジャー》と《遺言状》を活用して無理やりワンキルを狙う動きは当時のプレイヤーはあまり好まなかったようです。

デビフラワンキルのデッキレシピ

デビフラワンキルのサンプルデッキレシピ

2005年3月制限デビフラワンキル

メインデッキ

モンスター 枚数
サイバー・ドラゴン 3
キャノン・ソルジャー 2
キラー・トマト 2
ならず者傭兵部隊 1
クリッター 1
サイバーポッド 1
お注射天使リリー 1
メタモルポット 1
デビル・フランケン 3
魔法 枚数
強欲な壺 1
天使の施し 1
手札抹殺 1
光の護封剣 1
大嵐 1
ハリケーン 3
大寒波 3
遺言状 3
サイクロン 1
リミッター解除 3
強奪 1
早すぎた埋葬 1
枚数
死のデッキ破壊ウイルス 1
破壊輪 1
激流葬 1
グラヴィティ・バインド-超重力の網- 2
融合 枚数
サウザンド・アイズ・サクリファイス 1
ナイトメアを駆る死霊 1
ドラゴンに乗るワイバーン 1
魔人 ダーク・バルター 1
デス・デーモン・ドラゴン 1
ドラゴン・ウォリアー 1
闇魔界の竜騎士 ダークソード 1
サイバー・ブレイダー 1
異星の最終戦士 1
竜魔人 キングドラグーン 1
ガトリング・ドラゴン 1
サイバー・ツイン・ドラゴン 1
メテオ・ブラック・ドラゴン 1
サイバー・エンド・ドラゴン 1
青眼の究極竜 1

※融合デッキは主に使用する15枚を選定して掲載しています

サイドデッキ

モンスター 枚数
氷帝メビウス 3
魔導戦士 ブレイカー 1
同族感染ウィルス 1
ハイドロゲドン 3
魔法 枚数
抹殺の使徒 2
枚数
ホーリーライフバリアー 3
王宮のお触れ 2

デビフラワンキルの採用候補カード

モンスター
人造人間-サイコ・ショッカー
トゥーン・キャノン・ソルジャー
アマゾネスの射手
バトルフットボーラー
機動砦のギア・ゴーレム
名工 虎鉄
魔法
トゥーンのもくじ
増援
モンスターゲート
巨大化



デビフラワンキルの立ち回り

コンボパーツを集める

デビフラワンキルのゲーム序盤はワンキルに必要なパーツを集めることから始まります。

クリッター》《キャノン・ソルジャー》《デビル・フランケン》を選択できる《キラー・トマト》やカードを引き込める《サイバーポッド》《メタモルポット》のセットから入る動きが理想的です。

この構築には採用されていませんが、《巨大化》やその他優秀な装備魔法を確定サーチできる《名工 虎鉄》や《大寒波》と相性が良くキル圏内に持ち込みやすい《デス・コアラ》の採用も見られました。

デビル・フランケンでワンキルを狙う

キルパーツが揃ったら《デビル・フランケン》からワンキルを狙いましょう。

デビル・フランケン》は引いていない場合でも《キャノン・ソルジャー》や《ならず者傭兵部隊》をトリガーとして《遺言状》で特殊召喚が可能です。

また、デッキ内には《サイバー・ドラゴン》《キャノン・ソルジャー》といった機械族モンスターを採用されているため《リミッター解除》で無理やりオーバーキルを狙いにいくこともできます。

デビフラワンキルの理想的な勝ち方

バランス良くカードを引いてワンキル

デビル・フランケン》単体では相手の除去をまともに受けてしまい勝利を掴むことはできません。

大嵐》や2005年3月制限では無制限で3枚投入が可能だった《ハリケーン》を活用して相手のバックを除去した後に《デビル・フランケン》を絡めて勝負を決めましょう。

当時は相手ターンに干渉できる制圧系モンスターや手札誘発カードもほとんど存在しなかったので、バックカードの対処さえできればワンキルが容易にできました。

デビフラワンキルの対策・有効カード

デビフラワンキルの対策

ライフポイントを早い段階で5000以下にする

デビフラワンキルの勝利パターンのほとんどが《デビル・フランケン》による融合モンスターの特殊召喚となるため効果が発動できなくなるLP5000以下にすることを意識すると良いでしょう。

ただし、《遺言状》のトリガーとしての役割も持つ《神秘の中華なべ》や《ヒステリック天使》が採用されている構築もあるので過信は禁物です。

神の宣告+除去で構える

理想的な勝ち方部分でも解説している通り、バック除去から入る動きが基本となるため《神の宣告》などカウンター罠で止めて除去カードやロックカードを残せると耐えられる可能性が上がります。

これらのことを考えるとデビフラワンキルには《神の宣告》や《マジック・ジャマー》を採用したロックバーンデッキが対抗馬としては良いでしょう。

デビフラワンキルへの有効カード

和睦の使者・威嚇する咆哮

和睦の使者》や《威嚇する咆哮》は《ハリケーン》にチェーンする形で1ターンを確保できる優秀な防衛カードとなります。

クリボー》と比較をすると相手はバックカードを剥がす動きでカードを消費するため、盤面の立て直しができるという観点からも優れています。

王虎ワンフー

王虎ワンフー》はこの頃には存在が少なかった相手ターンに干渉ができる制圧系カードで、《デビル・フランケン》に対応しています。

ただし、《サイバー・ドラゴン》に戦闘破壊されてしまったり《死のデッキ破壊ウイルス》の対象であったりと当時の採用率は低かったカードの1枚です。

この記事の管理人
わいるどまん

2005年~2012年頃までの遊戯王カードが特に好きでデッキレシピなどを未来に残したいと思いサイトを立ち上げました。
過去の遊戯王に興味を持ってもらえるように、懐かしんでもらえるようにをモットーに発信していきます。

オフラインイベント「リアルアラサー杯」を定期開催しているので、興味のある方は大会結果をご覧ください。
X(旧Twitter)でも当時の質問などお受け致します。

#{ああああああ}をフォローする
2005年3月制限
遊戯王歴史保管庫

コメント

タイトルとURLをコピーしました