【遊戯王】HEROビート(オーシャンビート)デッキのレシピ【2007年9月制限】

2007年9月制限HEROビート 2007年9月制限

遊戯王OCGの2007年9月制限で活躍したヒーロービート(オーシャンビート)デッキのデッキレシピ(リミテッドデュエル対応)です。当時の環境立ち位置やデッキの回し方の他、採用候補カードや当時流行したサイドデッキについても紹介しているので、2007年9月制限のヒーロービートを構築する際の参考にしてください。

2007年9月制限デッキ
ライトロード 剣闘獣
デステニーダムド ダムドビート
スキドレバルバ 2007年9月制限HEROビートHEROビート
ガイアワンキル 閃光パキガジェ

目次

ヒーロービート(2007年9月制限)の概要

ヒーロービートの環境での立ち位置

E・HERO オーシャン》の回収効果を活用して、《E・HERO エアーマン》を使い回すヒーロービートは2007年9月制限の前半(ファントム・ダークネス登場まで)に活躍したデッキです。

盤面を一気に崩せる《ダーク・アームド・ドラゴン》や《裁きの龍》が登場してからは環境での立ち位置は極端に悪くなってしまいましたが、安定感の高さから依然として好んで使用するプレイヤーが多いデッキタイプでした。

今回紹介しているデッキ構築はリミテッドデュエルを考慮しているものですが、ファントム・ダークネス登場以前に流行していた構築はアドバンテージ差をつけて勝利を目指すものが多く、《デス・ラクーダ》《レベル制限B地区》《グラヴィティ・バインド-超重力の網-》を採用するタイプも存在していました。

E・HERO エアーマン》が除外されてしまうと《E・HERO オーシャン》が機能しなくなってしまうので、メインデッキに《D.D.クロウ》が採用されやすくなった2007年9月制限の環境終盤は風当たりの強さが増した印象です。

こちらのデッキは2024年4月~6月開催のリミテッドデュエルを準拠とした内容となります。リミテッドデュエルに関してはこちらをご覧ください。

ヒーロービートのデッキレシピ

ヒーロービートのサンプルデッキレシピ

メインデッキ

モンスター 枚数
E・HERO キャプテン・ゴールド 1
E・HERO エアーマン 1
E・HERO オーシャン 3
スナイプストーカー 1
魔法 枚数
増援 2
E-エマージェンシーコール 3
収縮 3
我が身を盾に 3
早すぎた埋葬 1
摩天楼 -スカイスクレイパー- 1
枚数
聖なるバリア -ミラーフォース- 1
ダスト・シュート 1
奈落の落とし穴 3
亜空間物質転送装置 3
サンダー・ブレイク 3
次元幽閉 3
神の宣告 3
魔宮の賄賂 3
リビングデッドの呼び声 1
融合 枚数
キメラテック・フォートレス・ドラゴン 3

サイドデッキ

モンスター 枚数
サイバー・ドラゴン 3
E・HERO プリズマー 1
魔法 枚数
大嵐 1
サイクロン 1
ツイスター 3
枚数
暗闇を吸い込むマジック・ミラー 3
閃光を吸い込むマジック・ミラー 3

ヒーロービートの採用候補カード

モンスター
E・HERO ザ・ヒート
魔導戦士 ブレイカー
デス・ラクーダ
ミスティック・ソードマン LV2
魔法
レベル制限B地区
鎖付きブーメラン
鎖付き爆弾
マジック・ジャマー
グラヴィティ・バインド-超重力の網-
王宮の弾圧

ヒーロービートの立ち回り

エアーマンにアクセス

この構築のヒーロービートは《E・HERO エアーマン》にアクセスして《E・HERO オーシャン》を回収する動きが基本となり、アクセスができないと一方的なゲーム展開になりがちです。

E・HERO エアーマン》を回収する手段は《増援》《E-エマージェンシーコール》がフルで採用されていますが、初手6枚で引ける確率は約64%程度と高いものではありません。

そのため、上述している通り、除去カードと併用することで継続的にドローができる《デス・ラクーダ》を採用しているプレイヤーも多く存在していました。

オーシャンでアドバンテージを稼ぐ

E・HERO エアーマン》の回収後は《E・HERO オーシャン》を徹底的に死守してアドバンテージを毎ターン稼ぐことを意識しましょう。

E・HERO エアーマン》の効果を使い回すのはもちろん、墓地に他のHEROモンスターが存在していても毎ターン回収できるので、《スナイプストーカー》や《サンダー・ブレイク》の手札コストを気にせずに使用することが可能です。

亜空間物質転送装置》は主に《E・HERO オーシャン》を守るためのカードとして採用されています。

ヒーロービートの理想的な勝ち方

罠カードで制圧して勝利

多彩な罠カードで相手の動きを封じつつ、アドバンテージを稼ぎながらライフを削り切る展開が理想的。

E・HERO エアーマン》を除外させずに《E・HERO オーシャン》効果でテンポを取っていきましょう。

ヒーロービートの対策・有効カード

ヒーロービートの対策

エアーマンの除外が有効

E・HERO エアーマン》が除外されると《E・HERO オーシャン》が機能しなくなるため、《E・HERO エアーマン》の除外も有効な手段の1つ。

 《奈落の落とし穴》や《次元幽閉》のような除去カードで除外できると良いでしょう。

バックカード破壊が有効

採用されているモンスターはほとんど効果を持たず、罠カード主体のデッキとなるため、バックカード干渉が有効。

E・HERO エアーマン》のバック破壊効果で狙われやすい《王宮のお触れ》や《邪神の大災害》ではなく、破壊効果でもチェーンができる《サイクロン》や《砂塵の大竜巻》といったフリーチェーンで狙えるカードが無難です。

ヒーロービートへの有効カード

奈落の落とし穴

 《奈落の落とし穴》はゲーム中盤以降も腐ることはほとんどなく、《E・HERO エアーマン》の除外に最適なカードです。

ドッペルゲンガー

リバースモンスターへ対応できるカードが少ないヒーロービート相手にはバックカードを一気に削れる《ドッペルゲンガー》が有効です。

闇属性ということもあって、《ダーク・アームド・ドラゴン》を使用するデッキのサイドに採用されることが多くありました。

この記事の管理人
わいるどまん

2005年~2012年頃までの遊戯王カードが特に好きでデッキレシピなどを未来に残したいと思いサイトを立ち上げました。
過去の遊戯王に興味を持ってもらえるように、懐かしんでもらえるようにをモットーに発信していきます。

オフラインイベント「リアルアラサー杯」を定期開催しているので、興味のある方は大会結果をご覧ください。
X(旧Twitter)でも当時の質問などお受け致します。

#{ああああああ}をフォローする
2007年9月制限
遊戯王歴史保管庫

コメント

タイトルとURLをコピーしました