【遊戯王】スキドレバルバデッキのレシピ【2007年9月制限】

2007年9月制限

遊戯王OCGの2007年9月制限で活躍したスキドレバルバ(ハイビート)デッキのデッキレシピ(リミテッドデュエル対応)です。当時の環境立ち位置やデッキの回し方の他、採用候補カードや当時流行したサイドデッキについても紹介しているので、2007年9月制限のスキドレバルバを構築する際の参考にしてください。

2007年9月制限デッキ
ライトロード 剣闘獣
デステニーダムド ダムドビート
スキドレバルバ 2007年9月制限HEROビートHEROビート
ガイアワンキル 閃光パキガジェ

目次

スキドレバルバ(2007年9月制限)の概要

スキドレバルバの環境での立ち位置

スキドレバルバは2007年9月制限で流行した、その後様々な派生系デッキが誕生する《スキルドレイン》を軸に置いたビート、制圧系のデッキです。

神獣王バルバロス》のデメリット効果を消すことで、リリースを必要とせず攻撃力3000のモンスターを用意できるのは当時、強烈なインパクトを残し、これら2枚の組み合わせからデッキ名が「スキドレバルバ」として定着した背景があります。

ライトロードなど展開力のある墓地利用デッキに強く、罠系を好むユーザーに親しまれたデッキで、《E・HERO エアーマン》《E・HERO アナザー・ネオス》を採用するHEROタイプや《次元の裂け目》《マクロコスモス》で墓地メタをしつつ《異次元の生還者》で盤面キープを狙う次元タイプの2つの構築が創成期には見られました。

こちらのデッキは2024年4月~6月開催のリミテッドデュエルを準拠とした内容となります。リミテッドデュエルに関してはこちらをご覧ください。

スキドレバルバのデッキレシピ

スキドレバルバのサンプルデッキレシピ

2007年9月制限スキドレバルバ

メインデッキ

モンスター 枚数
神獣王バルバロス 3
サイバー・ドラゴン 3
ライオウ 3
E・HERO アナザー・ネオス 3
E・HERO エアーマン 1
魔法 枚数
増援 2
サイクロン 1
収縮 3
早すぎた埋葬 1
枚数
聖なるバリア -ミラーフォース- 1
激流葬 1
奈落の落とし穴 3
次元幽閉 3
王宮の弾圧 3
スキルドレイン 3
神の宣告 3
魔宮の賄賂 3
融合 枚数
キメラテック・フォートレス・ドラゴン 3

サイドデッキ

モンスター 枚数
異次元の生還者 3
魔法 枚数
大嵐 1
地割れ 1
地砕き 1
次元の裂け目 3
枚数
砂塵の大竜巻 3
マクロコスモス 3

スキドレバルバの採用候補カード

2007年9月制限スキドレバルバ採用候補カード

モンスター
死霊騎士デスカリバー・ナイト
王虎ワンフー
オネスト
ならず者傭兵部隊
閃光の追放者
メタモルポット
魔法
我が身を盾に
強者の苦痛
強制脱出装置
銀幕の鏡壁

スキドレバルバの立ち回り

相手の動きを止めつつビート

スキドレバルバは罠カードで相手の動きを止めて、モンスターでビートをする立ち回りが基本線となる難しい展開が一切ないデッキです。早い段階で相手のライフを削って、勝利を目指しましょう。

時間をかけてしまうと急所となるカードを引き込まれて勝てた試合も落としかねないので、使用する際には注意しましょう。

スキドレバルバは《大嵐》や《激流葬》など打たれてしまうと立て直しが難しいカードも存在します。ある程度、「持たれていたら負け」と割り切って戦う方が勝率が伸びるかもしれません。

ライフ管理には注意

ライフコストを支払って発動する罠カードが多く採用されているスキドレバルバはライフ管理に注意が必要です。

特にライフポイントが800以下になり、《王宮の弾圧》が発動できなくなってしまうと《スキルドレイン》で効果を止めていても攻撃力の高い《裁きの龍》や《ダーク・アームド・ドラゴン》で押し切られてしまうこともあるので、ある程度ライフポイントを残しながら戦いましょうまた、《王宮の弾圧》の発動だけではなく、《オネスト》による戦闘ダメージにも注意が必要です。

スキドレバルバの理想的な勝ち方

罠カードで制圧して勝利

多彩な罠カードで相手の動きを封じて、ライフを削り切る展開が理想的。

神獣王バルバロス》+《スキルドレイン》が決まれば、この当時流行していた「ライトロード」「ダムドビート」にも難しいことを考えず容易に勝利することが可能です。

除外カードで制圧

墓地利用が軸となるテーマと対戦する際にはサイドチェンジで《次元の裂け目》《マクロコスモス》の投入がおすすめ。

異次元の生還者》を一緒に加えることで、モンスターに対する除去にも強くなります。

次元の裂け目》《マクロコスモス》は当時流行していた《大寒波》にも有効。また、多くのサイドデッキに《ツイスター》や《砂塵の大竜巻》といった単体バック破壊カードが採用されていたため、重ねて発動するプレイも効果的です。

スキドレバルバの対策・有効カード

スキドレバルバの対策

バックカード封じ・破壊が有効

採用されているモンスターはほとんど効果を持たず、罠カード主体のデッキとなるため、バックカード干渉が有効。

大嵐》はもちろん、《王宮のお触れ》や《邪神の大災害》などもメタカードとしてサイドデッキに採用されていました。

スキドレバルバへの有効カード

邪神の大災害

セットされている分かりにくい状態から魔法・罠カードを一掃できる優秀なメタカード。

王宮のお触れ》と比較をすると《冥府の使者ゴーズ》を特殊召喚することができます。

ツイスター

魔法カードのバック除去が《大嵐》《サイクロン》の2枚と少なく、引いたターンに発動できる《ツイスター》は環境当時、多くのサイドデッキに採用されていました。

この記事の管理人
わいるどまん

2005年~2012年頃までの遊戯王カードが特に好きでデッキレシピなどを未来に残したいと思いサイトを立ち上げました。
過去の遊戯王に興味を持ってもらえるように、懐かしんでもらえるようにをモットーに発信していきます。

オフラインイベント「リアルアラサー杯」を定期開催しているので、興味のある方は大会結果をご覧ください。
X(旧Twitter)でも当時の質問などお受け致します。

#{ああああああ}をフォローする
2007年9月制限
遊戯王歴史保管庫

コメント

タイトルとURLをコピーしました