【遊戯王2期パック】Pharaoh’s Servant -ファラオのしもべ-(ファラオズ・サーヴァント)の収録カードと注目ポイント

Pharaoh's Servant -ファラオのしもべ-ファラオズ・サーヴァント 2期収録パック

遊戯王OCGの2期に収録されたPharaoh’s Servant -ファラオのしもべ-(ファラオズ・サーヴァント)の収録カードと注目ポイントをまとめた記事です。登場当時に注目を集めたテーマやカードを紹介している他、遊戯王の歴史についても触れているので、遊戯王の過去環境を調べる際の参考にしてください。

目次

ファラオズ・サーヴァントの登場日

パック発売日 2000年7月13日
before after
Magic Ruler -魔法の支配者- Curse of Anubis -アヌビスの呪い-

ファラオズ・サーヴァントの注目ポイント

リクルートモンスターが収録

戦闘破壊されたタイミングで効果が発揮するリクルートモンスターはPharaoh’s Servant -ファラオのしもべ-からの収録です。この当時は特殊召喚先のモンスターも少なかったため、この段階で使用されることは多くありませんでしたが、後にカオスモンスターと《キラー・トマト》《シャインエンジェル》を組み合わせる【RRC】や《森の番人グリーン・バブーン》が軸となる獣族中心のデッキに《巨大ネズミ》《素早いモモンガ》が採用されることになります。

凶悪なリバースモンスター”サイバーポッド”

1枚から大量のアドバンテージを獲得できる《サイバーポッド》が収録。《サイバーポッド》を《浅すぎた墓穴》と《太陽の書》《硫酸のたまった落とし穴》で使い回して1ターンで相手のデッキを0枚にする【三原式】は手札誘発カードが存在しない当時は非常に強力でした。

トゥーンモンスターの登場

Pharaoh’s Servant -ファラオのしもべ-では、このパックからのテーマとして「トゥーン」が登場しました。
「トゥーン」は原作でペガサスが使用しているテーマとしてOCGでも注目を集めましたが、各カードのレアリティが高く組むことすら困難な上に扱いづらさからトップデッキとして活躍することはありませんでした。

ファラオズ・サーヴァントの注目カード

サイバーポッド

Pharaoh’s Servant -ファラオのしもべ-で最も環境に影響を及ぼしたカードは《サイバーポッド》と言って良いでしょう。登場した2000年7月の4ヶ月後、2000年11月の制限改訂では早くも制限カードとなり、2004年3月制限改訂では初代禁止カードに名前を連ねました。セットするタイミングは自身で選ぶことができるため、【三原式】のような1キルを狙うデッキだけではなく、スタンダードデッキやバーンデッキなど多種多様なデッキに採用されていました。

キラー・トマト

キラー・トマト》は6属性リクルーターの中でも長年使用された続けたモンスターです。《強制転移》によって《キラー・トマト》と相手モンスターを入れ替え、戦闘破壊した後に《首領・ザルーグ》でハンデスをする【トマハン】の動きは非常に強力でした。《レスキュー・キャット》を主体とする【猫シンクロ】系のデッキでは《召喚僧サモンプリースト》の特殊召喚を狙うカードとして採用されていました。また、《死のデッキ破壊ウイルス》を強引に発動するために自爆特攻をしてデッキ内から《クリッター》のような攻撃力1000以下のモンスターをリクルートする動きも見られました。

巨大化

巨大化》の登場によってモンスターの攻撃で1キルを狙うデッキが一気に台頭することとなりました。《デビル・フランケン》とのコンボが強力で、登場からわずか1ヶ月の2000年8月の制限改訂では制限に指定されています。2002年1月には制限解除となりましたが、各環境ごとに登場する1キルデッキに採用されて、2007年9月には再び制限カードとなっています。

平和の使者

平和の使者》は《光の護封剣》を除けば、初めて登場したロック系の永続魔法カードです。当時は攻撃を止める意味合いが少なかったことや《大嵐》《サイクロン》のようなバック破壊系カードが多く、環境で使用されることはありませんでした。コスト面に目を向けてみると維持するために必要なライフポイントが毎ターン「100」と少ないことやこちら側が動きたい場合にはライフポイントを払わずに破壊することができる(フィールドを空けられる)点が優秀で【サイクルリバース系】のデッキや【オーシャンビート】に採用されていました。

センジュ・ゴッド&ソニック・バード

センジュ・ゴッド》と《ソニックバード》は召喚時にデッキから特定のカードをサーチできる先駆けとなったモンスターです。
登場時には効果を持つ儀式モンスターが《サクリファイス》しかおらず、ほとんど効果を持たない通常儀式モンスターだったため、トーナメントシーンで活躍することはありませんでした。後に上位互換となる《マンジュ・ゴッド》も登場し、2005年11月に登場したSHADOW OF INFINITYに収録された《終焉の王デミス》を使用する1キルデッキ【デミスドーザー】から活躍の場が一気に広がりました。召喚時にアドバンテージを稼ぎながら攻撃力1400のモンスターをフィールドの残せることを利用した【デミスドーザー】の派生デッキ【ハイパー安定儀式】も有名となりました。



ファラオズ・サーヴァントの収録カード一覧

ブルーアイズ・トゥーン・ドラゴン
オクトバーサー
サイコ・カッパー
一角獣のホーン
迷宮壁-ラビリンス・ウォール-
ウォール・シャドウ
ツインテール
ストーンジャイアント
迷宮変化
成仏
巨大化
踊りによる誘発
ハンバーガーのレシピ
粘着テープの家
ねずみ取り
亀の誓い
ダンシング・ソルジャー
ハングリーバーガー
クラブ・タートル
ドラゴン・エッガー
トゥーン・ドラゴン・エッガー
トゥーン・マーメイド
トゥーン・デーモン
タイム・ボマー
ダイヤモンド・ドラゴン
トゥーン・ワールド
サイバーポッド
光の追放者
巨大ネズミ
センジュ・ゴッド
UFOタートル
秒殺の暗殺者
カラテマン
ダークゼブラ
ジャイアントウィルス
素早いモモンガ
ダークファミリア
シャインエンジェル
ボアソルジャー
グリズリーマザー
ドラゴンフライ
セレモニーベル
ソニックバード
キラー・トマト
コトダマ
ガイアパワー
ウォーターワールド
バーニングブラッド
デザートストーム
シャインスパーク
ダークゾーン
平和の使者
この記事の管理人
わいるどまん

2005年~2012年頃までの遊戯王カードが特に好きでデッキレシピなどを未来に残したいと思いサイトを立ち上げました。
過去の遊戯王に興味を持ってもらえるように、懐かしんでもらえるようにをモットーに発信していきます。

オフラインイベント「リアルアラサー杯」を定期開催しているので、興味のある方は大会結果をご覧ください。
X(旧Twitter)でも当時の質問などお受け致します。

#{ああああああ}をフォローする
2期収録パック
遊戯王歴史保管庫

コメント

タイトルとURLをコピーしました